呼吸するだけで「脚が痩せる!」この呼吸法は効果がヤバイです。

みなさんこんにちは!

呼吸で脚痩せをする、ダイエットえなです^ ^!

 

金曜日のインスタライブ、見ていただいた方ありがとうございました!

皆さんから質問いただいたり、ダイエットのお話をするのめっちゃ楽しいので、ぜひまたライブを見にきてください✌️

そんで、いっぱい喋りましょう〜😂👏

 

では早速、今日のブログなんですが、タイトル通り「呼吸するだけで脚は痩せる」というお話をしていきます💡

 

…怪し〜い!😂

と思ったかもしれませんが、なぜ呼吸をするだけで脚痩せができるのか?ということを論理的にお話していきますのでご安心を〜✍️

まず最初にお伝えしたいのが、脚が太い!そして脚だけ痩せない!と悩んでいる人は、呼吸ができていないんです。

いや、呼吸ができていないというか‥

本来の呼吸ができていないというのが正しいですね。

脚痩せをするために食事制限や運動をするというのも間違ってはないんですけど・・そもそも呼吸を改善しなかったらその努力も水の泡で終わってしまいます💦

逆に呼吸が改善されれば食事制限や運動をしなくても脚痩せができてしまうのでかなりオススメですよ^^♪

呼吸で脚痩せができるなんて言ってるのは日本では私くらいかもしれませんが・・結構みんな気づいてないので、ぜひこのブログで覚えてもらえればと思います✨

普段の呼吸によって「脚の太さ」が決まる

結論からいうと呼吸が浅い人は脚が太い」です。

なぜかというと、呼吸の浅さは、自分の姿勢の崩れにつながり、その姿勢の崩れが脚への負担を増やすからです。

そして脚が太くなるということを引き起こすんです…😱

普段から”自分の呼吸”の状態に意識を向けることってありますか?

 

例えば、普段から口が開きやすい、なんか苦しい時がある、気づいたら呼吸が止まっている…

 

こんな状態になっている人いませんか?

これは、普段から呼吸が浅い状態であることを指します。

呼吸が浅いと、人はどうなるかというと、必要以上に呼吸をたくさんしようとします。

もちろん人それぞれ違いますが、普通に呼吸ができている人が1分間に12〜15回ほどの空気の出し入れをしているのに対して、浅い呼吸の人は
1分間で30回〜40回ほど呼吸をしている人もいます。

 

倍近くも違うんですよね…😭

 

私たちは呼吸がちゃんとできていれば、カラダの中心に位置している呼吸筋の「横隔膜」という筋肉が働きます。

この横隔膜がしっかり動く呼吸こそ、本来の呼吸なのです😌

実は「横隔膜」は私たちの姿勢を保つことにも、大きく関わっています。

横隔膜がちゃんと働くことで、カラダの軸がブレず、まっすぐ綺麗な姿勢を保てます。

ですが、呼吸が浅くなると「横隔膜」が動かなくなり、どんどん姿勢が崩れていきます。

姿勢が崩れることによって、上半身の重みを必要以上にうけた下半身はどんどん太くなってしまうんです…😢

だから、呼吸が浅い人は脚が太くなってしまうんですよね…

じゃあ腹式呼吸をすれば呼吸が良くなるの?

呼吸といえば「腹式呼吸か!」と思う人が大半だと思うんですけど・・

 

私はそれによく質問返しをします…(笑)

逆に腹式呼吸ってどうやってやっていますか?」と聞くと、

「お腹をたくさん膨らませてお腹にたくさん空気をいれてます!」

という回答がきます。

ですが、このやり方は、実は間違っています🙅‍♀️❌

お腹だけを膨らませればいいというものではありません!

結構勘違いしている人も多いんですが…腹式呼吸をすると、お腹だけ単独で動かしている人が圧倒的に多いんですよ😭

お腹だけに空気をいれるのは、カラダの中心に位置している呼吸筋「横隔膜」は動きません。

本来の呼吸は、お腹は前だけではなく、横、そして後ろにも広がります。

風船のようなイメージですね🎈

 

お腹が膨らめば、同時に胸もシンクロして膨らみます。

この呼吸をできるようにしたいのですが‥

腹式呼吸と聞くと、お腹だけ前に過剰に膨らんでいる人が圧倒的に多いんですよ…

「腹式」だからお腹に空気をいれることだと勘違いしちゃっているのかもしれません。(あ、私も前は思っていました😂

これは、単純にお腹の圧が抜けてしまっているだけの状態なので呼吸を改善することができないんですよ!

なので、必要以上にお腹だけを膨らませる意識をもつ必要はありません。

本来は、息を吸った時は、お腹は自然と膨らみます。その自然な膨らみがあれば正解です。

お腹をヘコませる呼吸は、脚痩せには合っていない

じゃあ、「お腹をヘコませたまま呼吸するのがいいの?」と思った人もいるかもしれません💡

これもNGでございます‥(おいおいNGばっかじゃん!って思わないでくださいね笑)

ヘコませたまま呼吸をすると、「お腹痩せにも効果ありそう」と思っている人も多いです。

 

でもこれもちがーう😱!

 

むしろ、お腹を凹ませたまま呼吸をしていると、本来の呼吸の邪魔をしてしまうんです😭

何度も言いますが、呼吸筋の横隔膜は、息を吸った時は下に下がる、息を吐いた時は上に上がる動きをします。

この動きと反対なのが、横隔膜にひっついてる骨「肋骨」です。

肋骨は、息を吸った時上に上がり、横に広がります。息を吐いた時は、下に下がります。

ですが、お腹を凹ませたままだと、息を吐いた時の肋骨の動きを邪魔して、息が吐きにくくなります。

そうすると、肋骨が下がらず、広がったままの位置で固定されてしまいます。

それが、肋骨だけが飛び出て、上半身の姿勢はどんどん崩れていきます。

つまり、このお腹を凹ませたままの呼吸を続けていくと、結局横隔膜は動かないので、呼吸も改善せず、姿勢も改善できないので、脚が太いままになってしまうんですよね😭

では一体、どんな呼吸をすれば脚が痩せるのか?

この呼吸をしたら脚が細くなっていきます!

ここまで、NGな呼吸についてお話ししてきましたが、「じゃあ結局どんな呼吸で脚痩せできるんだ!?」って思っていますよね(笑)

 

これからちゃんと説明していきますね✌️

呼吸の仕方や方法はたくさんありますが、今日は1番簡単で脚痩せに効果的な呼吸法を教えていきます。

これは、呼吸の超!超!超!初歩的な呼吸法なので、まずはこれを実践し、呼吸の感覚を掴んでください。

脚痩せするにはまずこの呼吸法を

仰向けで、足裏を床にして膝を立たせる

片方の手を胸に、もう片方の手をおへそのあたりに置く

鼻で軽く息を吸う

胸とお腹の高さがなるべく同じ高さになるように息を吐く

胸とお腹の高さがなるべく同じ高さになるように息を吸う

吐く時は5秒以上かけて息を吐いて、3秒止める。これを10回繰り返す

慣れてきたら、段々吐く秒数を長くしましょう。息を止めて苦しくなったら、ゆっくり優しく息を吸ってください。

自然とお腹と胸がシンクロするように動いていく呼吸を目指します。

これが、呼吸を良くするためには、欠かせない呼吸の仕方です。

10回繰り返したら、この状態のまま胸とお腹の動きをもう1度確認してください。

息を吐いた時に、全体的に、しぼんだ感じがあれば、横隔膜が動いています🙆‍♀️

その感覚は正しいです!

これを続けて、本来の呼吸を取り戻すことで、脚痩せにつながっていきますので、まずはこれを実践してください^ ^!

これで呼吸の感覚を掴み、横隔膜へアプローチしていくと、姿勢が正されることで、脚が細くなっていきます。

呼吸改善のためには、今の自分のカラダの状態を知る必要があります。胸やお腹の動きを確認して、良い呼吸を取り戻していきましょう!

《まとめ》脚が痩せない時、まずは呼吸改善から!

脚だけはなかなか痩せない」と困っている人は、普段から呼吸が浅いということが大きな原因の一つです。

脚が太い・脚が痩せない根本原因
脚が太い➡︎呼吸が浅い➡︎姿勢が崩れる➡︎脚に負担がかかる➡︎脚が太い
脚が痩せる・脚を細くするには
正しい呼吸をする➡︎姿勢が矯正される➡︎脚への負担がなくなる➡︎脚が勝手に細くなる✨

 

まずは本来の呼吸(横隔膜が動く呼吸)を身につけてください!

本来の呼吸を取り戻すには「腹式呼吸」や「お腹を凹ませたままの呼吸」ではNGです。

横隔膜にしっかりアプローチをして、お腹と胸がシンクロして動けるような呼吸をしてみてください。

横隔膜がしっかり動くような、呼吸ができるようになると、自然と姿勢が正され、上半身が安定します。

その上半身の安定により、下半身への負担が減ることで、脚が細くなっていくのです<

なので、脚痩せのためには、呼吸を改善する。これが意外なようで何よりも優先になってきます✨

ぜひ一緒に頑張りましょうね!

 

もし呼吸のやり方がイマイチわからないという人は、えなノート(有料ですが‥)そこにはちゃんと動画も載せて説明しているので、わかりやすいですよ!さらに脚痩せを加速する呼吸トレーニングの方法も載ってます✨

>>たった1ヶ月で脚痩せできた呼吸トレーニングの方法はコチラ

 

ではまた!

ダイエットえなでした〜^ ^!

【第7弾最新ノート✨】
下半身から痩せる食事プログラム公開✨

第7弾えなノート《下半身から痩せる1ヶ月食事プログラム》を作成しました!これでもう迷うことなく、何を食べれば下半身が痩せるのか、一目でわかるようになります!

世界に一つしかない食材品目表5枚プレゼントしています🎁✨

ビフォーアフターも豊富に載っていますので
ぜひ覗いてみてください☺️

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼