NG!糖質制限で下半身は痩せない!これを減らせば下半身は嘘のように痩せます!

 

みなさんこんにちは!

元71kg、元反り腰のダイエットえなです^ ^!

 

突然ですが皆さん、

”糖質制限ダイエット”ってやったことありますでしょうか?

もしかしたら、ほとんどの方が糖質制限ダイエットの経験者かもしれません!

 

かくいう私、ダイエットえなも当然ながらやったことがあります😎👍ドヤ

そして当然ながら立派にリバウンドをしました😎👍ドヤ

 

私と同じ経験をされた人も多いのではないでしょうか‥😓

 

糖質制限ってガッツリ体重は落ちるものの、

上半身ばっかり痩せて、下半身だけ痩せないんだよなぁ・・🤔

こんな経験ありませんか!?

実際私も糖質制限やっても、全然脚は細くならなかったしね^^;🌀

 

実は、糖質制限をやっても下半身を細くすることはできないんです!

たしかに体重は落ちるので、痩せた気分にはなるんですが・・

 

もし下半身痩せをしたい方は、今日のブログは超役立つと思いますよ〜🤗✨

 

ではでは本日の内容は、

▶︎糖質制限でなぜすぐに体重が落ちるのか

▶︎糖質制限では体重が落ちても下半身が痩せない理由

▶︎下半身痩せたいなら糖質ではなく○質を減らそう

▶︎食べ物だけじゃなく姿勢も下半身を太くする要因です

▶︎姿勢良くして下半身痩せする方法の紹介

 

こんな流れでお話をしていきます✌️

GO😉⬇︎

糖質制限ですぐに体重が落ちるカラクリ。

糖質制限を開始すると、3日速攻体重が落ちます。

「え!じゃあ糖質制限ダイエットすれば速攻痩せられるんだ😍!

早速明日から始めよう〜っと!」

 

ちょっと待って〜!!!!!👊👊👊

 

確かに体重はすぐに落ちてくるんだけど、ここには大きな落とし穴があるんですよ‥😥

 

糖質制限を開始してから体重減少までの流れ
糖質制限する➡︎体がエネルギー不足になる➡︎水分量・筋肉量が減る➡︎重い筋肉が分解され体重が減る

3日で体重が落ちるのは、水分量が減って筋肉が分解されたから体重が減っているだけなんですね💡

この状態って実は飢餓状態って言います。

 

そもそも糖質は体のエネルギーで、いわばガソリンのようなものです。

私たちの身体が車だとイメージすると、ガソリンがないと車は走れないですよね?

 

そのガソリンがないということは、何か代わりのものを使って、どうにか車を動かさないといけないんですね。

その代わりのもの筋肉というわけです💪

 

本来糖質を取っていればガソリンがある状態なのに、糖質が足りないため、私たちの体の筋肉が分解されて、エネルギーとして使用されていきます。

筋肉は脂肪よりも重いです。

つまり、脂肪よりも重い筋肉が分解されていくので、体重が減っていくのも当たり前なんですね。

 

糖質制限はすぐに体重が落ちるため、簡単に痩せた!と思うかもしれませんが‥

体重が減ったようにみえるだけで、実際は筋肉を分解しているので、むしろ損してます。

 

筋肉が減ると基礎代謝(何もしなくてもエネルギーを使ってくれること)が減ります。

さらに、糖質制限をやめて糖質を摂り始めることで、身体はこう思うわけです。

 

「この人エネルギー不足になるから、溜め込まないと!!」

 

その状態で糖質を摂り始めると吸収率を高めて、体内へ余分に溜めこもうとするわけです💡

 

これが、リバウンドというやつですね😭

なので、主食を取らない糖質制限は、ダイエットには絶対にNGなのです!

糖質制限をしても下半身が痩せない理由について

 

これはどちらも私の脚なんですが‥

今私は、1日3食、きちんと糖質を摂っています💡

 

もちろん量には気をつけながらですが、ストレスは全くありませんよ😁

糖質制限をしても、下半身だけが太いのには

理由が2つあります。

 

理由の1つめが「脂肪細胞が下半身に多い」ということです💡

脂肪細胞には脂肪を貯蔵するもの放出するものという2つのレセプター(受容体)が存在しているんですね。

 

ある研究によると、女性の下半身は脂肪を貯蔵するもの脂肪を放出するものよりも、6倍も多いと言われています‥😭

6倍も脂肪を下半身に溜め込まれたら、そりゃあ太るわ‥😔

 

つまり、上半身に比べて、下半身の方が脂肪が付きやすいということ。

その原因の一つに脂肪細胞の数の問題があるというわけです。

痩せても、胸の脂肪が落ちて、脚だけ太い‥

 

この状態が1番悲しいですよね‥😱いや、悲しかったです…(経験者なので)

 

この状態を抜け出すためには、糖質よりも、

脂質を控えた方が良いんです!

 

❌ 糖質減

⭕️ 脂質減

脂肪細胞減らすためには、脂質を控えよう!

太もも、ふくらはぎ、お尻を痩せさせるためには、脂質の過剰摂取を控える必要があります💡

結構、糖質にばかり目がいきがちな人も多いんですが、脂質を全く気にしていない人は

「‥制限しているのになんか痩せない‥」

ってなっている人結構多いように感じます🤔

 

こちらは、この前あげたインスタのストーリーズなんですが、

結構反響ありました!

 

▼反響のあったストーリーズ▼

 

これが、糖質制限の落とし穴ともいうべきことなんですよ‥🤔

糖質だけしか見なければ、脂質の多さに気づくことが難しいですよね。

 

脂質が44gもあったら、立派な高脂肪食になります。

高脂肪食とは、1食あたり脂質量が30gを超える食べ物を指します。

 

意外とあっという間にいっちゃうような数字です。

なので、高脂肪食は避けたいところ!

 

下半身痩せしたいなら、脂質が高めな食べ物には気をつけてね!というお話をしていきます✍️

 

知らぬ間に摂取!脂質の高い食べ物がこちら

普段から何気なく食べているものは、意外と脂質が高かったりします。

逆にいうと、脂質高めな食べ物に気をつけるだけでも、脚痩せしやすいというわけです😊

そう考えたら、普段の食生活を見直すだけでも、脚が細くなるということですね💡

これは超ラッキー✨でございます!

 

例えばこんなものには気をつけてください✍️

以下は脂質量になります😨

▶︎アボカド1個・・・・・・約21g

▶︎牛乳200ml・・・・・・約7.8g

▶︎シーザードレッシング15g・・・・・・約7.34g

▶︎くるみ25粒・・・・・・約66.8g

こんな感じになっています。

 

ナッツとか一旦食べ出すと止まらないので脂質過多になりやすいです。

ドレッシングもかけ過ぎる人多いので、意外と脂質摂っちゃいます。

 

以前糖質制限をしていた時は、アボカドとナッツををサラダに乗せてドレッシングをかけて、牛乳たっぷりのカフェオレを飲んでました(笑)

今考えればわかるけど、そりゃあ痩せないよなぁ😭

 

脂質の過剰摂取に気づいてからは、食生活を改めたので全体的に体脂肪が減り、かなり引き締まった体になっていきました!✌️

 

なので、日常生活で少しでも脂質を気にすることができると、脚痩せはもちろん、全体的にも痩せていきますよ^ ^!

 

もちろん糖質量と脂質量のバランスが1番大切なので、糖質の摂り過ぎには注意ですが、


糖質
1g当たり➡︎ 4Kcal

脂質1g当たり➡︎ 9Kcal

と、カロリーにも2倍以上の差があるので、どちらかといえば脂質量を減らす方が効率よく下半身が痩せてくるというわけです😉

 

なので、

「糖質制限してるけど、なんか痩せない。(主に下半身痩せないなぁ)」

っていう人は、脂質を控えてあげるだけでも、下半身痩せはかなり期待できます✌️

下半身が太い理由は食べ物だけにあらず

糖質制限をしても下半身だけが太い理由の2つ目が「姿勢」です。

毎回言っていますが、これはもう脚を細くするためには外せません!

 

そもそも食事制限頑張ってるのに下半身が痩せないって悩む人、

めちゃくちゃ多いんです😭!!

 

なのにまだまだ食事を減らそうと頑張る‥それはもう、悪循環なんですよ!

ダイエットしているのに、下半身が細くならない人は筋肉の使い方が間違っています。

 

例えば前ももだけが過剰に発達したり、ふくらはぎが太くなったりとしてしまうんですね‥

要するにこの画像のようなことです💡

 

▼またもや私の脚でございます‥▼

 

体重が同じだとしても、

姿勢を整えて、下半身にかかる負荷を少なくしてあげるだけで、こんなに脚(下半身)は細くなります

脂質を減らしつつ姿勢を整えてあげれば、脚痩せの成功者✨になること間違いなしです!

じゃあ姿勢を良くするためにはどうしたらいいの?

姿勢を変えるということは、「呼吸」を変える必要があります!←大事なので毎回言ってるけどw

 

姿勢が悪い人😰
呼吸が浅い➡︎体の軸がぶれる➡︎上半身の不安定なので下半身が頑張る➡︎脚が太くなる
姿勢が良い人😁
呼吸が深い➡︎体の軸が安定する➡︎上半身が安定するので下半身は頑張らない➡︎脚が細くなる

 

姿勢が良い人は、呼吸の要である「インナーマッスル」がしっかり働くので、上半身が安定し、下半身への負担を減らすことができるんです!

呼吸は、本来インナーマッスルが動くことで、行われています。

インナーマッスルというのは、体の中心にあり、姿勢を保ったり、立つ時、歩く時、座る時など、どんな時にも活動して私たちの体を支えているものですね😉🙌

 

そのインナーマッスルの1つに、横隔膜」という筋肉があります。

本来は横隔膜がしっかりと働くことで、呼吸をすることができるのですが‥

呼吸が浅くなることで、この「インナーマッスル」の横隔膜が動かなくなり、上半身の軸がブレて、下半身が上半身の分も体を支えようと頑張ります。

その頑張りによって、前ももが張ったりふくらはぎが太くなったりと‥

 

▼つまりこんな状態です▼

 

こんな感じで、脚がどんどん太くなってしまうわけです😢😢

つまり、姿勢を変えるには、呼吸を深めて、インナーマッスルを活性化し、上半身の軸を安定させる必要があります。

上半身の軸が安定すれば、自然と下半身への負担がなくなり、脚が細くなっていくというわけです✨

だから呼吸を使って、インナーマッスルにアプローチする必要があるんですね!

下半身痩せに効く呼吸法はこれだ!

このバンザイ呼吸は、「呼吸改善」「反り腰の改善」が同時に行えるものになっています^ ^!

下半身が太い人はほぼ、「反り腰」という姿勢になっています。

この反り腰はちゃんと呼吸ができるようになれば、自然と治っていきます💡

むしろ、呼吸を改善することでしか、反り腰は改善できません!

騙されたと思って、まずは呼吸トレを行ってみてください🙌

 

バンザイ呼吸のやり方
① 両足を立てて、仰向けになる(腰は床につけたまま)
② 両手を腰が浮かないところまでバンザイする(①で浮く人は、天井方向に向かって両手を伸ばす)
③ 腰を反らないように意識して、その状態で、呼吸を繰り返す
④ 鼻から吸う、口から吐く、息を止める(各5秒)
⑤ ④の呼吸を1呼吸として、3呼吸×3セット

 

息を吐き切ることができると、よりインナーマッスルにも刺激が入ります😊

できる方は、5秒で息を吐き切ってみてくださいね💡

仰向けになった状態で、バンザイをすると、どうしても腰を反ってしまう人は、

両手を天井方向に向けて、バンザイはせずに、行ってみてください^ ^!

呼吸が深まるようになれば、姿勢も改善され、根本的な脚痩せにつなげることができますので、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!✨

《まとめ》下半身を細くするには脂質減らして呼吸改善をすること

下半身痩せを目指すなら、脂質を減らして、呼吸トレを行うべし✍️

下半身痩せって、なんだか難しいイメージはあるかもしれません。

私もそうやって思っていました。

ですが、脂質に気をつけ、呼吸改善を行っていけば、ちゃんと脚は細くなっていきますよ^ ^✨

 

あ!みなさん!

もし食事について何か気になることがありましたら、ダイエットえなのインスタのDM📩までお願いいたします❣️

じゃんじゃんダイエットえなのブログで書かせていただきたいと思います✨

いつでもお待ちしております(^ ^)!

 

話は変わりますが‥

 

この前公開したえなノート第6弾の感想がたくさん届きました😭👍✨

めちゃくちゃ嬉しい‥

 

▼えなノート第6弾のご感想▼

 

 

 

 

みなさんありがとうございます😭💕

えなノート第6弾書いて本当によかったです!!!✨

 

呼吸が変われば脚が変わる。

 

その事実は変わりません!

そしてこれからもダイエットえなは、呼吸改善広めていきますよ〜!!!✨

 

呼吸改善だけでたった1ヶ月で太ももマイナス7cmを達成できました。

せっかく1ヶ月で脚痩せが叶うなら、一時的な錯覚ではなく根本的に脚痩せしていきたいですよね。

ぜひ、この第6弾のページには劇的ビフォーアフターがたっぷり載っているので、

それだけでも見て行ってくださいね☺笑

⬇︎⬇︎

第6弾《脚痩せ特化プログラム》たった1ヶ月で太ももー7cm痩せました!29年間悩み続けた極太の脚を一気に細くした方法を全公開します▶︎▶︎

これからもダイエットえなは真実だけをお伝えします😂✌️

真実はいつも1つ☝️

 

コナンくん風にしめさせていただきます〜😆

それではみなさん、またお会いしましょう〜♪

ダイエットえなでした^ ^!

 

【第7弾最新ノート✨】
下半身から痩せる食事プログラム公開✨

第7弾えなノート《下半身から痩せる1ヶ月食事プログラム》を作成しました!これでもう迷うことなく、何を食べれば下半身が痩せるのか、一目でわかるようになります!

世界に一つしかない食材品目表5枚プレゼントしています🎁✨

ビフォーアフターも豊富に載っていますので
ぜひ覗いてみてください☺️

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼